FOREST BLOG

技術的な話と社員の話

とあるプロジェクトに参加したために中国は南京に出張してまいりました。

中国といえば以前に、
西安の食事
にて、西安を紹介いたしました。
今回は南京です。

 

【出発】

東京からは約2000キロほど離れていて時差は1時間です。

飛行機は、13時出発で、南京までは約4時間です。
機内食はこんな感じです。

ライスと麺が選べますが、ライスを選んでみました。
青椒肉絲丼のような感じでしょうか。
味は機内食の中ではおいしいほうだと思います。麺も食べてみたかった・・・・。

 

さてそうこうしているうちに南京に到着です。

入国審査カードを書くわけですが、

もうこの時点で簡体字との闘いが始まりました・・・・。
英語が書いてあるのがまだ救いといったところでしょうか。

何とか書き終えて入国できました。
後から聞いた話ですが、滞在先はしっかりと書く必要があるようです。
訪中する方は滞在先をメモしていったほうがよいと思います。


空港をでると中国のメンバーが出迎えてくれました。
これは助かりました。まさに100人力!簡体字ももう怖くない!
そして滞在先ホテルへ向いました。

 

ん?!


桔子水晶酒店?!

 

どうやら私は、飛行機移動でかなり疲れていたようです。
「滞在先ホテルに行きましょう。」

「お酒を飲みに行きましょう。」
と聞き間違えたのですね。

 

 

いや!違います!

中国語では「ホテル」は「酒店」と書くようです。
ここはクリスタルオレンジホテルだったわけです。
漢字のマジック恐るべし・・・・

 

チェックインを済ませて12階の部屋へ到着しました。
部屋からの風景はこんな感じでした。

   

中国に来たという感じがしますね。


さて、南京にきたのですから、何といっても楽しみなのは食事です。
もちろん・・・・仕事はしっかりした上でのことです!

 

【食事】

【円卓での食事】

本場です・・・・・横浜中華街でみたテーブルとはわけが違う・・・・。
食事は、

このようなあっさりしものから

このようなこってりしたものまで、まさによりどりみどり!

 

中でも珍しいものは、

これ、北京ダックならぬ南京ダックです。


北京ダックと南京ダックの違いは、
しょうゆベースの味付けか塩ベースの味付けかの差ということでした。
日本では北京ダックと言えば皮しか食べないイメージがありますが、
こちらではしっかりお肉まで食べます。


そしてこれ


なんだかわかりますか?

 

 


アヒルの舌です・・・・。

リアクションが難しいところですね・・。

 

 


そしてこれ

でかい川魚に餃子が付け合わせ?!
日本ではあまり考えられない組み合わせですね。


【大衆の食事】

今回は餃子屋さんに連れていってもらいました。

見てくださいこの量!

こんなに食べるのか?!
と思いそうですが、中国では餃子はおかずではなく主食にあたる食べ物とのことでした。
なるほど、これだけ数が多ければ主食と言われても納得です。

メニューもこんなにあります。

一番左は全部餃子です。

4元から6元くらいで12個ついてきます。
2017年4月現在1元は16円くらいですので、

約70円~100円?!
安っ!!!

 

【チェーン店】

チェーン店という書き方でよいのかは微妙ですが、

デパートの中にあるお店に入ってみました。
まずはこれ

チャーシューチャーハンのような感じですが、見た目とは裏腹に味が薄いです。
中国では、味付け用の醤油 と 色つけ用の醤油 があり、
これは色つけ用の醤油で調理したものだと教わりました。
チャーシューともち米はなかなかのものでした。

そしてこれ。

豆腐を腐らせた?!料理です。
おそらくカマンベールチーズやブルーチーズに似たような料理のようです。
匂いはかなり兵器レベル・・・・・

 

さらに中国のメンバーおすすめの一品がこれ!


ザリガニって・・・・・

日本では食べるものという認識はないですよね。
しかしこれが思ったよりおいしかったです。
イメージと味のギャップというやつでしょうか。

濃いものが続いたのであっさりしたものを。

白湯粥といえばよいでしょうか。
食べたことがない味でした。


【火鍋】

見ただけで汗がでてきそうです。
しかし食べるものはお肉、魚介類、野菜の新鮮でした。

   
野菜は名前も知らないような野菜が多く、
日本では食べられない野菜がたくさん食べられました。

食べ物はまだまだたくさんありましたが、これにて終了です。

 

 

さて、南京にきたのですから、何といっても楽しみなのは観光です。
もちろん・・・・仕事はしっかりした上でのことです!(2回目)

 

【観光ダイジェスト】

観光は、南京からは少し離れた揚州に連れて行ってもらいました。
時間もないのでダイジェストでご覧ください。

中国のハイウェイです。


以外と言っては失礼ですが車はきれいにならんでいました。


痩西湖


とてもきれいでした。


黒鳥?!


人を怖がりませんでした。

 

タクシーと信号と揚州の中心塔


タクシーは地域によって色が違うようです。
南京は黄色、揚州はブルーでした。


揚州の古い町


大昔から続く商店街です。


マンゴージュース


かなり量が多い・・・


自転車が走る道

中国と言えば自転車!

と思いきや日本でいう原付のようなものも走っていました。
かなりスピードが出ていて怖い・・・

 

【帰国】

そんなこんなでもう帰国の日になってしまいました。

帰国の便はなんと朝8時・・・・4時半起きです。

帰国時間は3時間なので、出発時よりかなり短く感じました。

これにて南京1週間の出張は終わりです。

 

 

ということで最後までご視聴ありがとうございました。
謝謝!


一緒に取ってくれた店員さんありがとうございました!

 

おまけ

中国でもトイレットペーパーは三角に折るようです。

南京の食事

「EC-CUBE B2B とは」 ページを追加!

「Xamarinアプリ開発」ページを追加!

西安の食事

私たちは、「EC-CUBE B2B」の認定制作会社であります!
「EC-CUBE B2B」でいろんなことサポートします♪

私たちができること、サポートさせていただきたいこと。
なるべくわかりやすい言葉で簡潔にお伝えできるようなページにまとめました。
EC-CUBE B2Bとは
EC-CUBE B2Bメリット
EC-CUBE B2Bでできること



EC-CUBEを活用し「使える」ECサイト構築をご一緒させていただけること楽しみにしております。
ぜひ、[EC-CUBE B2B とは]ページにお立ち寄りください。
# お買い物サイトってワクワクしますよね♪

EC-CUBE B2Bとは
B2BのECサイトに必要な機能と決済システム、
売掛機能や基幹システムとの連携、等、
高機能かつ低コストで導入できるB2Bパッケージです。

南京の食事

「EC-CUBE B2B とは」 ページを追加!

「Xamarinアプリ開発」ページを追加!

西安の食事

Xamarin はじめました!

Xamarinアプリ開発経験値上昇中につき「Xamarinアプリ開発」ページを追加しました。
私たちができることアピール♪

Android や iOS のアプリ開発の専門的・実用的な技術、知識、手法をフル活用し、優れたアプリを迅速に開発します。
・マルチプラットフォーム対応
・豊富なノウハウを開発に反映
・コストを抑えた大規模開発


Xamarinアプリ開発で目指すこと、達成すること、
Xamarinアプリ開発」ページに全部の思いを詰め込みました。

これからも、どんどん「Xamarin」実績を増やしていきます。
ぜひ、Xamarinアプリ開発ページにお立ち寄りください。

XamarinとはMicrosoft社が提供するクロスプラットフォームアプリ開発環境のこと。これまで同じアプリであっても別々に行っていたiOSやAndroidのネイティブアプリ開発を共通のプログラミング言語C#に置き換えたものです。このため、共通化できる部分が飛躍的に増え、効率的な開発が可能となりました。

 

 

南京の食事

「EC-CUBE B2B とは」 ページを追加!

「Xamarinアプリ開発」ページを追加!

西安の食事

今回は西安の食事です。

年初にあるプロジェクトの説明で西安に出張しました。

筆者は南京へは何度も行った事はありますが西安は初めてでした。
西安へは飛行機で5時間半。2015/12/23 から直行便が就航したので楽でしたね。

西安について

先ずは西安の歴史を少し。西安は歴史のある地です。現在は陝西省の省都ですが、古くは長安と呼ばれ数多くの王朝の都になっていたところです。
有名なのは紀元前221年に初めて中国を統一した の王、始皇帝 が治められた際の首都だったところですね。

また、漢、唐の省都でもあり、日本の歴史とは遣唐使で繋がりがあり、平城京や平安京も長安を倣ったと言われています。

このあたりの詳しい説明は Wikipedia をご覧ください。

 

さて。出張の楽しみと言えば食事ですよね。この出張でもいろいろな料理を食べました。

晩御飯編

先ずはお魚料理。辛かったですね。

次は焼肉。担当者から「焼肉に行きましょう!」と言われて出てきたのが日本で言うところの串焼きでした。

 

昼食編

次は昼食編。西安で有名な麺といえば刀削麺ですが、残念ながら行けませんでした(満員で入れなかったのです)。
こちらは別のお店で食べた麺でうどんのような感じですが、蕎麦湯のように煮汁を飲むのが驚きでした。

次は餃子。筆者はニラが苦手なので野菜系の餃子を食べました。

驚きなのは写真に写っているにんにくです。ほとんどのお店でにんにくが置いてありました。

接待編

次は接待編。夜にちょっと有名なレストランで食事です。ここは 1929年に開店したお店でした。

煮こごりです。

ナツメです。

こちらは葫芦鶏という料理。陝西料理の名物料理だそうです。このレストランで 周恩来 も食べてとか。

焼き餃子。

サトイモの炒め。

こちらも西安で有名な肉挟馍。西安バーガーと言っていましたよ。

回民街

最後は回民街の料理です。

西安はシルクロードの起点で、異文化との交流地でもあったようです。その影響か、街の西側には回民街(イスラム人街)が広がっています。
ここに来ると中国に居ながらまた違う中国に触れることが出来ます。

西安の中心には鐘鼓楼と呼ばれているお寺の堂のようなものがあります。後ろに見えるのはデパートです。

ここを抜けると雰囲気が変わり食べ物も変わります。
こちらは晩御飯を食べるために入ったお店で頼んだ品々。

牛肉泡です。御餅と牛肉の煮込み。にんにくもありますね。

牛肉泡は、お店によっては自分で御餅をちぎります。 その場合の食べ方は

  1. お椀に御餅が出される
  2. 自分でちぎる
  3. ちぎったら店員さんに渡してスープを入れてもらう

で完成です。

ちぎる御餅は予想より固いので注意ですが、細かくすればするほど美味しいと言われます。
ちなみに、牛肉以外にも羊肉のバージョンもありますね。

最後はビャンビャン麺。幅広な麺なのですが…

なんといっても漢字が驚きです。

58画あります。この字は書けないな…

南京の食事

「EC-CUBE B2B とは」 ページを追加!

「Xamarinアプリ開発」ページを追加!

西安の食事

オフショアっていうワード、最近はよく耳にすると思います。

そもそも、オフショア開発とは、情報システムやソフトウエアなどの開発業務を、海外の企業や子会社などに委託したり、発注したりすること。

実は弊社、このオフショアの分野ではかなりの実績の持ち主。
創業時から携わっているので、かれこれ20年のキャリアがあるんです。

とにかくオフショアというと、先進国の企業が人件費や業務コストを低く抑えられる新興国の企業に “下請け”的に依頼することが多いような気がします。

企画や開発など、業務の核となる部分は日本で、実装やテストなどは海外でといった具合に。

でも、弊社のオフショアはそういうスタイルとは一線を画しています。

オフショアの相手は中国の会社。
南京、西安、青島の3ヶ所にありますが、中国人と日本人の「良いところ」を生かした協働での開発スタイルを取っているのです。

自己主張が強くて自由な発想を持つ中国人エンジニア、穏やかな配慮を持って、緻密な開発を得意とする日本人エンジニア。

この特徴、なるほどと思いませんか?
まったく性質が異なるからこそ、それを開発に生かさない手はないわけです。

両者ともに高度な技術スキルを持ち、さらには中国でも日本向けの体制を整えているため、ダイレクトに業務の共有が図れるというメリットもあります。

もちろん、このほかにもいろいろな開発プロセスを整えて、業務がスムーズに進むような配慮をしています。

これからますますグローバル化が進む中で、国という垣根を超えてともに成長できる「オフショア」がどんどん広がっていくといいですね。
 

南京の食事

「EC-CUBE B2B とは」 ページを追加!

「Xamarinアプリ開発」ページを追加!

西安の食事

さて、今回はiPhoneにまつわるお話です。

まずは、iPhoneやiPadでおなじみのソフトウェア「iOS」なんですが、2016年4月時点、iOSは全国で43.2%のシェアを占めています。
一時期よりも人気は多少、下火になったものの、この数字を見るだけでも、やはりiPhone人気って高いんだなと感じています。

ちなみに、トップをいくのがAndroidで55.7%。
国内はこの2つがほぼ独占しているといっても過言ではないでしょう。

出典:http://www.kantarworldpanel.com/

このようにシェアの高いiPhoneですが、実はiPhone4がiOS8にアップデートできないということがかなり話題になりました。
iOS8がリリースされた時に、iPhone4s以降が対象機種とされ、これまでサポートされていたiPhone4は対象外とされたのです。

それでは実際にどのような不具合が起きるのか、ちょっとまとめてみました。

まずは、一般的なアップデートは、機能が追加されたり、バグが修正されたり、安全性が向上したりします。

バージョンアップができないということは、上記のようなことができないということ。
中でも一番心配なのは、安全面ですよね。
それこそ、ウイルスに感染したら一大事です。

あとはアプリの問題が出てきます。
アプリのアップデートでiPhone4がサポートされない場合、そのアプリをアップデートできなくなります。
とはいっても、その場合はアップデートをせずに使えばいいわけです。

出典:http://comcie.jp/

要するに安全面での心配はあるものの、そのまま使えなくはない。
というのが結論。

金銭的なこと、機能的なこと。
iPhoneに求めるものは人それぞれですので、一概に「こうしたほうが良いです」とは言えません。

皆さんなら、どうしますか?
 

南京の食事

「EC-CUBE B2B とは」 ページを追加!

「Xamarinアプリ開発」ページを追加!

西安の食事

このたび、ホームページをリニューアルしました。
私たちのようなIT系の開発会社は、どちらかというと「堅い」と思われがち。
なので、今回はやわらかい感じを意識してみました。

イメージカラーはグリーンに近いブルー。
木や森などの自然を連想していただけると嬉しいです。

私たちの社名「IT Forest」も情報技術(IT)の森(Forest)。
だから、イメージカラーには命をつなぎ、新たに成長するという思いも込めています。

そうはいいつつパッと見た瞬間、なんか良い感じ!という印象を持っていただけたら大成功。


 

そして、内容に関しても分かりやすさ、見やすさにこだわりました。
開発というと、どうしても専門用語がいっぱい出てきます。
それをできる限り多くの人に理解してもらうためになるべく分かりやすい言葉でお伝えできるよう心がけました。

私たちが「LIFERAY」開発に強いこと。
オフショア開発に長年の実績を持っていること。
その他、アプリ開発やシステム開発、小さい開発から大きな開発まで手掛けていること、などなど。

興味を持った方はぜひ、お問い合わせしてくださいね。

そして、もっと具体的に知りたい方は「開発実績」もご覧ください。

私たちがやっていることをもう少し、身近に感じていただけると思います。

これからも、どんどん実績を増やしていきますので、どうぞ、参考にしてください。

それと、こちらのブログについても仕事以外に、IT 業界のことや、トレンドのことなど、いろいろなテーマで発信していきたいと思っています。

時々は立ち寄ってくださると嬉しいです。

南京の食事

「EC-CUBE B2B とは」 ページを追加!

「Xamarinアプリ開発」ページを追加!

西安の食事

プロジェクトにおいて優れた業績知識と高い技術力を駆使し事業活動に多大な貢献をしたことで富士ソフト株式会社様より感謝状を授与される。

 

南京の食事

「EC-CUBE B2B とは」 ページを追加!

「Xamarinアプリ開発」ページを追加!

西安の食事

登録番号:10822545(05)

5回目の更新

南京の食事

「EC-CUBE B2B とは」 ページを追加!

「Xamarinアプリ開発」ページを追加!

西安の食事

「目的外利用を行わないための措置」に関する項目を追加

南京の食事

「EC-CUBE B2B とは」 ページを追加!

「Xamarinアプリ開発」ページを追加!

西安の食事

事業ドメインとして金融業界及び製造業業界にフォーカスしており上流工程に特化したITコンサルタント会社です。

バイリンガルのコンサルタントと共に海外案件を拡大させITコンサルタント・エンジニアにとっても有意義な会社へ発展することを目指しております。

南京の食事

「EC-CUBE B2B とは」 ページを追加!

「Xamarinアプリ開発」ページを追加!

西安の食事

 近年、PC端末からの閲覧されるものではなく、各種タブレットや各種スマートフォンなどデバイスで閲覧されています。
弊社、開発においてもお客さまからのご要望も増えてきております。
 そこでまずは、自社ホームページにおいてもレスポンシブWebデザインに対応したWEBサイトへリニューアル致しました。
これにより、パソコン・タブレット端末・スマートフォンなど幅広い端末対応となります。

※レスポンシブWebデザイン(Responsive Web Design)とは、デバイスをwebサイト表示の判断基準にするのではなく、ブラウザの横幅サイズをwebサイト表示の判断基準にし、あらゆるデバイスに最適化したWebサイトを、単一のHTMLで実現する制作手法です。

南京の食事

「EC-CUBE B2B とは」 ページを追加!

「Xamarinアプリ開発」ページを追加!

西安の食事

プライバシーマーク更新。

認定番号:第10822545(04)号

南京の食事

「EC-CUBE B2B とは」 ページを追加!

「Xamarinアプリ開発」ページを追加!

西安の食事

初の官公庁向け直接案件として、総務省入札案件を応札受注。

南京の食事

「EC-CUBE B2B とは」 ページを追加!

「Xamarinアプリ開発」ページを追加!

西安の食事

長期プロジェクトにおいて、優れた業務知識と高い技術力をもって完成に大き<貢献したと富士ソフト株式会社様より社長賞を受賞>富士ソフト株式会社様より社長賞として表彰される。

南京の食事

「EC-CUBE B2B とは」 ページを追加!

「Xamarinアプリ開発」ページを追加!

西安の食事

特定労働者派遣事業の届出が受理される。「特13-306304」

南京の食事

「EC-CUBE B2B とは」 ページを追加!

「Xamarinアプリ開発」ページを追加!

西安の食事

一般競争(指名競争)入札参加資格を付与される。
(期間:平成19年6月6日~平成22年3月31日)

南京の食事

「EC-CUBE B2B とは」 ページを追加!

「Xamarinアプリ開発」ページを追加!

西安の食事

— ページごとの項目数 20
該当件数: 17 件

CONTACT

さらに詳しくお知りになりたい方は、こちらからどうぞ。